男女平等な会社づくりを

将来を見据えて働く

女性が働くという事は、男性に比べて難しいことが多いものです。いずれ、自分自身の都合だけで動くことが出来ず、出産や育児といった形で仕事から離れざるを得ない時期が必ず来ます。キャリアを順調に築いてきた方であっても、その後の働き方に悩むことが多くなります。そのため、出産や育児に入る前から一生を見通した働き方を考えていく必要があるのです。

今の仕事の中で将来に役立つスキルを得ることや働きやすさをアップすることを意識してみると、仕事の取り組み方も変わってくることになります。離職してからでは触れられないようなことも多いので、若いうちから将来の働き方について考える機会を持ってみましょう。スキルの専門性が薄い状態のまま、出産育児によって離職し、年齢を重ねて新たに採用されるという事は難しいものです。

ずっと今の職場で働きたいと思うなら、産休や育休などの制度を調べ、復帰までのプロセスをシュミレーションしてみることが大切です。復職後も小さな子供がいるとなると残業はできず、急な早退や休みも増えます。そういったことに対応できる職場環境づくりをするという事も考えられます。

新たな仕事を求めるのであれば、それに対応できるスキルアップが必要になります。どこでも必要とされるパソコン操作は一通りマスターしておきたいところです。それに加えてやりたい仕事に役立つ専門知識を入れていくとベターです。比較的、自由な時間がある若い内から専門性を高めていくことによって、女性がライフスタイルに合わせて自分のペースで働ける居場所を見つけることが可能になります。
働く女性の応援サイト>>>【女性には女性の働き方がある

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です